top-image画像

はじめに

近年イギリスでの仕事を希望し積極的にキャリアを重ねていく日本人ビジネスマンが増えている様子です。イギリスはEUの中でも政治・経済が安定しており日本人が勤務を希望する国として人気のエリアとなっています。イギリスで働くには日系企業の駐在員として働く方法と、現地企業に雇用される方法と2種類ありますが、何れにしても特別な人脈やコネが無い限りは人材紹介サイトを使って企業とつないでもらうほうが近道となるでしょう。

当サイトではイギリスでの求人を探したい方のためのナビをしています。またイギリスの求人の数はそう多くなく、常時見つかるものではないため、お勧めの人材紹介サイトを案内しておきます。幾つか登録しておきいつでも情報を得られるようにしておくことが望ましいですね。

イギリスの求人が見つかる人材紹介サイト3選!

数少ない求人情報を得るためにも人材紹介サイトは活用しておきたいですね。登録は面倒かもしれませんが、まずココからスタートとなるので真剣に英国で働きたいと考えるなら妥協せずに、ということでしょうか。

  • JAC Recruitment

    ジェイエイシーという会社で日本国内で使うことが可能な人材紹介サイトです。元々英国の企業であり世界中の求人を扱ってきた実績があります。ネイティブスピーカーのコンサルタントが在籍しているので初めての海外転職のかたも安心して支援を依頼でき、また協力もしてくれるでしょう。英国の現地情報を収集するのもお手のものです。http://jac-recruitment.jp

  • リクルートエージェント

    ご存知、日本ではNo1の規模を誇る人材紹介会社であるリクルート社が手がける、海外転職特別仕様のサイトがこちらです。どこよりも取引先企業が多く求人数も豊富なことから、少ないイギリス求人を探すのにリクルートエージェントは欠かせません。JACと併せて活用していきたいサービスの1つです。会社が力を持っているので雇用先企業に対して給料や待遇の交渉ができるのも大きなメリットでしょう!http://r-agent.co.jp

  • インテリジェンスのDODA

    国内2位の規模をほこる転職サイトがこちら。余裕があれば数をカバーする意味でも登録しておいて損はありません。国内企業とのコネクションが豊富なのでイギリス駐在員求人も見つけられる可能性があります。http://doda.jp/

イギリスの求人が見つかりやすい業界

どんな業界でも求人が出ているかというとそうではありません。日本人が就職しやすい業界、就労ビザが取りやすく雇ってもらいやすい職種などがあるのです。例えば日本企業に就職してからイギリス駐在となる働き方でいえば現地英国に進出している日本企業が多いのは、電気機器や自動車関連の製造業、金融関係で可能性が高いと言えます。それから当然どの会社でも必要とされているのがIT職ですね。

自分のスキルや経歴に自信がある人は現地人と雇用枠を争うことも可能だと思いますが、それでもやはり日本人として働くことを期待されてるケースから日本語が絡む営業職や管理職が可能性が高いでしょう。だからといって英語を全く使わない事もないので就活のおりには語学力アピールも忘れずに。

このページの先頭へ

為替レート