top-image画像

イギリスで駐在員として働く方法

日本国内の企業に就職をし、それからイギリスに駐在員として赴任するというキャリアを希望している人もいるでしょう。イギリスで働くならば現地の企業に採用されるだけでなく、日本企業の社員として現地に派遣されるルートもあるというわけです。求人を探しやすいのは主にコチラのほうです。ただしこの場合、個人の意向よりも会社の意向による派遣となるため、場所や期間などは自分で決めることができませんし、一定期間が終了すれば日本に戻ってくるのが基本路線となります。

最近では海外の事業所への赴任を前提とした駐在員の募集を行なっているケースもあります。いきなり現地の企業で働くのではなく、日本の企業に就職をしたいと考えている人はチェックしてみるといいでしょう。もちろん行き先はイギリスだけに限られているわけではないので、その点には注意が必要になります。また、そういった募集で採用されると、その後も転勤や出張が多くなるケースもあることを知っておいたほうがいいでしょう。

現地に駐在員として赴任できる業界としてまず金融業界についてあげることができるでしょう。金融サービス関連の会社の場合は知識や能力なども求められますし、イギリスに行くならば当然英語力も必須となります。キャリアアップとしては大きなチャンスだと言えますが、そのチャンスをつかむのは簡単ではありません。実績や経験を積み重ねていくことも大切になってくるのだと言っていいでしょう。現地で長く活動している企業のほうがサポート体制が整っているとも言えます。

また、日本企業が多く進出している業界はイギリスへ駐在員として赴任できるチャンスも広がると言えます。電気機器や自動車関連のメーカーは求人も見つけやすいでしょう。家族がいる人は一緒に行くことが可能かどうかも確認しておいたほうがいいでしょう。駐在員になるメリットとしては、現地でも日本にいた時よりも多くの待遇や手当支給が受けられる点をあげることができます。現地採用のスタッフよりも恵まれている点が多くあるのです。

TOPページでも掲載しているとおり人材紹介サイトはJAC Recruitmentリクルートエージェントを使うのが良いでしょう。現地情報のJAC、数をカバーするリクAと掛け持ちで登録しておくのが基本線です。

このページの先頭へ