top-image画像

成長していける人材が求められている

近年はイギリスの求人を探しても失業率が高い事やビザの関係で日本人向けの求人を探すのは難しくなっている様子です。そこでイギリス勤務(駐在員)となる日本企業の求人を探している方も多い事でしょう。

年齢制限があることも

求められる人材像ですが日本企業の場合は年齢制限がある事がめずらしくありません。25~35歳の中途採用を募集している案件が多いです。次のような理由によるものです。

  • 業務経験者の即戦力を求めている
  • 長期勤務によるキャリア形成のプランを用意しているため
  • この年齢層の人材が不足している

勿論この年齢層でなければNGというわけではありませんので、求人情報を細かく探していく事が大切だと思います。それから即戦力とは言っても同一職種で3年程度の経験があればOKという案件も見られます。(マネージャークラスは別です。)

英語力は必須

言語力に関しては、単なる日常会話レベルではなく、より高い英語スキルが求められます。そのため、海外での留学経験をもつ人の採用率が高くなっています。留学経験が無い場合には、TOEICスコア900点以上が必要になる場合が多いので、自分の英語スキルを磨くようにしてください。

マストではないが商慣習を理解してると

イギリス駐在員として勤務できるようになるためには、イギリスの文化や風習に精通していると有利です。法治国家としての歴史が長く、イギリス人とのビジネスを展開するには相手の立場を理解した上で接する必要があります。そのため、イギリスでの留学経験を持つ人に向いていると言えます。

さらに、多国籍文化をもつロンドンなどの都市では、イギリス文化に加えて諸外国の文化知識を持っていると重宝されます。ユダヤ系移民が多く暮らしているため、ユダヤ人とのコミュニケーションスキルを持っていても重宝がられます。

この他、日系企業とのビジネスが多い会社もありますから日本人的仕事のやり方が求められるケースも多いです。

その他のスキル

他に求められる事項には、ディベート力やコミュニケーション力が挙げられます。商談や会議の際には、クライアントを納得させる交渉術が大切です。そのために、ディベートスキルを身につけておくと後になってその効果が現れます。イギリス駐在員には、イギリスの法律についての知識が求められる場合もあります。文化を学ぶだけでなく、商業上の知識を蓄えておくと有利です。

職業としては、金融業、製造業、商社、ITなどの駐在員があります。様々な人種のクライアントに向き合うため、精神的なタフさも必要です。メンタルトレーニングを活用して、ストレスに強い自分を作らないと渡航してすぐ帰ってくるようではいけませんからね。

このページの先頭へ