イギリスに関するプチ情報を投稿していきます

カテゴリー:イギリス求人ナビコラム

イギリスと関わりのある求人、どんな仕事がある?

国内に住むのは難しいけれど、何かイギリスと関わりのある仕事をしてみたいと思う方は多いでしょう。伝統的な英国文化や世界に影響を及ぼす発達したビジネスモデルなど、様々な魅力があります。

詳細を見る

特にマンチェスターで日本人が就職しやすい業界・職種

マンチェスターは、イングランド北部にあって多くの人種が集まるイギリスの中でも、かなり大きな大都市です。日本とのつながりは深く、経済的な交流も古くからありました。

詳細を見る

日本からイギリスへ転勤ありの仕事

イギリスへの転勤ありの日本企業を狙うというのも、この国で仕事をするための一つの選択肢です。確かに、多くの日本企業がイギリスへ進出していますので、そうした企業に狙いを絞って就職して、転勤を待つというのは可能性としては高いものがあります。

詳細を見る

イギリスの外資系企業の求人を探したい!

イギリスの就職状況はどうかと言うと、日本と比べるとあまり良くないという結論に達します。失業率はおよそ7,5%となっていて、若者の失業率はさらに高くなり、国内で仕事を見つけるのは容易でない状況が見て取れます。

詳細を見る

イギリスの転職文化とは?日本式?欧米式?それとも?

仕事そのものや転職についての考え方は、国や地域によってだいぶ異なるものです。日本の文化では愛社精神というものが強いので、会社を変えることに抵抗を持つ人も多いですし、ころころ仕事を変える人はあまり良い評価を受けません。

詳細を見る

イギリス2年間のワーキングホリデー制度の条件を確認

イギリスには、ワーキングホリデー制度があり、2年間のワーキングホリデーが認められています。ワーキングホリデーを利用するには、年齢条件や人数制限などの各制限事項があり、事前に要件を満たしているかを確認しておく必要があります。

詳細を見る

イギリスの労働者、年収はどれぐらいもらえる?採用条件や有給休暇もチェックしよう

イギリス現地採用の場合、もらえる給料は日本と比較して低いと言わざるを得ません。これは税金、保険等を引いた手取り額が少ないということと、ボーナスがほとんど無いことが挙げられます。

詳細を見る

イギリスの会社に採用してもらうときに日本人が求められるような需要のある仕事とは

イギリスでは失業率7%を超え景気もあまりよくない。イギリスでの就労ビザの取得はかなり難しいと思って間違いなく、日本人ならではの特性(日本語と英語が堪能)という事が求められます。

詳細を見る

イギリスの会社、スーパーマーケットのTESCO

i20140418

以前スーパーや小売業へのマーケティングの仕事をしていたことがあり、その中で「つるかめランド」というスーパーを担当したことがあります。 結局つるかめさんとはご縁がなくお仕事をすることは無かったのですが、そういえば、と思いました。

詳細を見る

イギリスは4カ国の連合国。しかしスコットランドが独立するかも?

i20140318

ご存知のかたが多いと思いますがイギリスは4つの国の連合国です。スコットランド、ウェールズ、北アイルランド、イングランドの4つの国です。

詳細を見る
ページ上部へ戻る