イギリスに関するプチ情報を投稿していきます

9月経済産業:スコットランド独立投票、反対派多数という結果に、産業界への影響は?

scotland

9月に起こった政治的、経済的ニュースをコラム的に掲載していきます。 9月にあったイギリスの政治の大きな動きといえばなんといってもスコットランド独立の投票。

詳細を見る

自ら放水銃の標的になることを宣言。ロンドン市長の政治的真意は

イギリスでは6月12日に、ロンドン市長であるボリス・ジョンソン氏が放水銃購入に関する会見を行いました。この放水銃は法律上使用が認められているものではありませんが、北アイルランド情勢を受けてデモ隊の解散を行なうために購入されたものです。

詳細を見る

イギリスの外資系企業の求人を探したい!

イギリスの就職状況はどうかと言うと、日本と比べるとあまり良くないという結論に達します。失業率はおよそ7,5%となっていて、若者の失業率はさらに高くなり、国内で仕事を見つけるのは容易でない状況が見て取れます。

詳細を見る

政策金利の据え置きでイギリス産業界に大打撃か

イギリスの産業界に打撃を与えそうなニュースが飛び込んできました。8月7日、イギリスの中央銀行にあたるイングランド銀行は、政策金利を過去最低の0.5%に据え置くことを発表しました。

詳細を見る

イギリスの転職文化とは?日本式?欧米式?それとも?

仕事そのものや転職についての考え方は、国や地域によってだいぶ異なるものです。日本の文化では愛社精神というものが強いので、会社を変えることに抵抗を持つ人も多いですし、ころころ仕事を変える人はあまり良い評価を受けません。

詳細を見る

内閣改造と宇宙港計画の話

イギリスの政治トピック、7月を振り返って 7月14日夜、イギリスのウィリアム・ヘイグ外相が辞任を発表しました。

詳細を見る

イギリス2年間のワーキングホリデー制度の条件を確認

イギリスには、ワーキングホリデー制度があり、2年間のワーキングホリデーが認められています。ワーキングホリデーを利用するには、年齢条件や人数制限などの各制限事項があり、事前に要件を満たしているかを確認しておく必要があります。

詳細を見る

イギリスの労働者、年収はどれぐらいもらえる?採用条件や有給休暇もチェックしよう

イギリス現地採用の場合、もらえる給料は日本と比較して低いと言わざるを得ません。これは税金、保険等を引いた手取り額が少ないということと、ボーナスがほとんど無いことが挙げられます。

詳細を見る

日本の会社にも影響があるイギリス4月5月の経済事情をチェック

i201405

先行き不透明な経済状況が続いているヨーロッパ。この4月、5月はロシア・ウクライナ情勢の緊迫かもあり、ますます不安定な状況となっています。そんな中イギリスの産業界では政府も含めたさまざまな取り組みがなされています。

詳細を見る

4月の英国内の政治・産業界状況を気になる視点からリサーチ

i201404

イギリスの政治・産業界に関するニュースでは4月に発表された予算案の内容が少し気になります。ここでは法人税減税が明記されており、企業の活性化と弾力的な経済動向の創出を目指す意図が明確になっています。

詳細を見る
ページ上部へ戻る