top-image画像

イギリスで使える銀行、口座開設の方法

イギリスで銀行口座を開設するとき、外国人だと少し手間がかかる場合があります。ですから日本で先に開設をしておいたほうがいいでしょう。イギリス国籍をもっていないと短期滞在の場合は開設を拒否されますし、仕事や留学などで長期滞在するケースでも居住登録のある住所に住んでいることを証明できる書類や本人名義の公共料金の請求書などを提示しないといけないケースがあります。それらは現地についたばかりではすぐには用意できないこともあるでしょう。

そのため、日本で口座のある銀行にイギリス支店があるか、あるいは日本でも口座開設が可能な現地銀行があるかを調べておくと便利、というわけです。イギリスは日本よりもカード社会になっているので、デビッドカードで支払いをする場面も多くあります。あるいは小切手なども生活の中で使われることがあるので口座開設は必須だと考えておいていいでしょう。お金を持ち歩かないでカードで買い物をすますという人も多くいるのです。

イギリスの4大銀行というのは、HSBC、NatWest、Lloyds TSB、Barclaysの4行です。このなかでHSBCは東京や横浜に支店を持っています。現地で口座を開く場合、Current Accountと呼ばれる、日本で言う普通預金の口座を作ることになります。それ以外にはSaving Account(定期預金口座)があります。カードを持ちたい場合はCurrent Accountを開設しなければいけません。移住してずっと住むというならば利子の高いSaving Accountを開設するという人もいるでしょう。

イギリスの現地企業に就職した場合など、給与の振込先として現地銀行が指定される場合もあります。

このページの先頭へ