top-image画像

英語ができれば生活できちゃいます

イギリスで暮らすことになったが自分の英語力に不安があるという人もいるでしょう。たとえば仕事で行く場合、現地の事業所も全員日本人だというケースもあるでしょう。そうなると日本語でコミュニケーションがとれるので英語ができなくても安心だと考える人もいるかもしれません。

イギリスで働く求人を探している方は語学力に自信がある方が多いと思います。求人の募集要項にはTOEIC700点以上と明記されているケースが見られます。これから語学力を付けたいと思っているビジネスマンも居るでしょうしイギリスはキャリアアップのための絶好のフィールドと言えますね。英語さえできれば生活ができるのも人気の理由の1つでしょう。

実際に生活することになったら、自分で英語を話さないといけない場面も多くあるはずです。そのときにきちんと対応ができるくらいの英語力はあったほうが良いでしょう。

たとえば銀行の口座を開設したり、家を探したりするときです。外国人が銀行口座を開設する場合、手間がかかるケースもあります。そのときに銀行側が求めていることがわからないと書類を揃えることもできません。あるいは家探しの際に細かい希望を伝えたり、条件を交渉したいという人もいるはずです。そのときに英語がうまく話せないと不本意な契約を結んでしまうということになるかもしれません。最初は現地で長く暮らしている人にサポートしてもらうのもいいですし、日系の不動産屋に行ってもOKです。

ほかにも生活を送っていくなかで、様々なトラブルが起きると予想されます。電気やガス、水道などの契約もそうですし、なにかトラブルが発生したときには現地の業者に修理を依頼することになります。イギリスには英語力を測るテストとしてIELTSがあります。スピーキングを含めた4つの領域の英語力が求められるので、事前に受けてみて足りない部分を強化していくなどの対策をとっておくのもいいかもしれません。

このページの先頭へ