top-image画像

日系企業で求められるスキル

イギリスに進出している日系企業では日本人労働者を積極的に採用している会社も見られます。

イギリスの現地法人での採用を目指している場合に求められる技術スキルをまとめてみると、日本語力と英語力に加えてコミュニケーションスキル、プレゼンテーション能力などが挙げられます。イギリスでの現地採用の求人には、金融・貿易・ITの専門職と営業が多く、他には事務職、経理や秘書などの業務も見られますがいずれも英語力や専門知識が求められるケースが多いです。

営業・マーケティング、事務職の場合、コミュニケーションスキルが必要となります。会議の際のディベート力も必要になります。日本人はディベートが苦手な人が多いため、高いハードルになりますが、ディベート力を磨くためにビジネススクールなどに通って戦術を磨いておくと転職の際に有利になります。基本即戦力なので未経験でもやる気があれば申し込めますが、採用は難しいでしょう。IT系の営業職の場合はITに精通した営業マンの採用など過去のキャリアも重視されます。

プレゼンテーション力は、営業職に加えて秘書にも要求されます。役員付きの秘書の場合、役員の提案に基づいてプレゼン資料を作成し、会議や商談で披露することが求められます。重要な取引が関係するケースも多く、失敗が許されないため、高いプレゼンテーション能力がどうしても必要です。日本で秘書業務を行なってきた経験があれば採用の機会が開かれる可能性が高くなります。未経験から秘書業務を申し込むにはハードルが高いため、秘書経験者が優遇されます。

言語力は、英語は必須です。特にビジネスレベルでの英会話力が求められます。単にコミュニケーションが取れるといったレベルの英語では太刀打ちできません。TOEICスコアなら、900点は欲しいレベルです。世界経済の中心的な役割をロンドン市場も果たしているため、企業の求める人材の能力レベルはかなり高いことを認識しておく必要があります。パソコンスキルもある程度磨いておく必要があります。

イギリスへの転職と同時にビザサポートを行ってくれる企業もあれば、最初からビザ保有者のみ採用条件としている企業もあります。求人情報をチェックして申し込みを。

このページの先頭へ