top-image画像

働く際に重要な待遇面をチェック

イギリスの現地日系企業での採用を目指す場合に気になるのが給料やボーナス、休暇、手当等を知っておくと仕事探しの際に役に立ちます。

平均的な給料(年収)

日系企業の現地採用の場合、報酬は年俸制が基本です。20000ポンド~30000ポンドであればまずまずといったところです。(1ポンド170円計算で340万~510万円)日系商社の管理職で60000ポンドの求人まで見られます。

年俸制の場合、ボーナスはありませんが、毎月均等払いになるため月ごとに受け取れる報酬は多く感じられます。年2回ボーナスが支給の会社もあります。

イギリスで出ている求人でそれぞれ平均的な年収をおさえておきましょう。日系企業での給料は比較的高めで設定されており十分な報酬が期待できます。求められるレベルもそれなりに高いです。レベルの高い職種の場合はビザ取得のサポートOKの求人も見られます。

  • 営業職:20000~50000ポンド+実績に応じて
  • 事務職、カスタマーサービス:20000ポンド
  • 技術者:30000~40000ポンド
  • 管理職:50000~ポンド

待遇について

平均的な待遇は週休2日、勤務時間は基本月~金の9時ー17時です。クリスマス休暇や夏のバケーションがあります。交通費や家族手当などの諸手当も支給されます。管理職以外の役職であれば残業手当もあります。営業職ではコミッションでプラスαの収入も期待できる他、社用車の支給も見られますね。

海外での病気や怪我の時が心配かと思いますがイギリスにはNHS(National Health Service)という医療サービスがありほぼ無償で医療を受けることができます。外国人でもイギリスに住んでいればこのサービスを受けられますが、予約を取るのに数日かかるので、あまり意味がない場合も。このため他にもプライベート保険のBUPAに会社単位で加入している場合もあります。健康的な生活をするためのに必要な事ですので応募する予定の求人を必ずチェックするようにしてください。

このページの先頭へ